078-591-2550

ブログBlog

Blog

078-591-2550

受付時間

午前8:30~12:30
午後15:00~19:30

定休日

水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

Home > ブログ > 今こそ温熱療法を

ブログ

今こそ温熱療法を

今年の夏も終わってみれば、暑い暑い夏でした。しかし、体は冷えてませんか。仕事中もクーラーが効いていたり、冷たい飲み物や食べ物をよく取りませんでしたか。現代の人々は夏でも体が冷えていることが多くなってきています。そうすると体調を維持することが難しくなって、年中どこかに痛みや不快感を感じていませんか。

そこで当院で、皆さまにおすすめしたいのが温熱療法です!温熱療法には、沢山の効果が期待出来ます。本当に体を良くし元気になってもらいたいので、今回は温熱療法について説明していきます。

目次

温熱ドームで体を元気に!

 当院では、温熱療法として温熱ドームがあります。
 温熱療法とは、体を熱刺激(約45〜48℃)に寄って、脳を活性化し働きを高めます。高温によって脳細胞の働きが活発になり、良質な細胞が誕生します。良質な細胞は、傷ついた細胞を修復し正常な細胞の集まりとなっていきます。体を元気な体へと変化していく治療法が温熱療法です。

もっと分かりやすくするために、大事なポイントを3つにまとめました。

ポイント① 細胞が元気になるとどうなるか?

 人の体は細胞の集まりで、その中に傷ついた細胞が増えた状態が、病気であったりケガをした状態です。
 多くの細胞は、古くなると新しい細胞へと常に変化しますが、この時にDNAで正しく細胞の変化(細胞の活性化)が行われるようにするために必要なことが、熱による刺激なのです。熱の刺激が脳細胞でのDNAの修正を行い正しい細胞が作られるようになります。間違った細胞が作られると、正常な細胞への変化が行われないためケガや病気が長引くことなります。正しくプログラミングされたDNA細胞つまり元気な細胞が増えることは、治癒を早めることになります。

ポイント② 新陳代謝?代謝って? 代謝が高くなるとどうなる?

体が元気なときは、力が湧き出てきます。この時の体の状態は、体温が高く細胞の働きも活発です。これは代謝が高い状態です。しかし、痛みがあったり疲れている体は、力が出なく体温も低いです。代謝が低い状態です。この時、細胞の働きは鈍く、力の源となる熱の量も少ないです。そこに外部からの熱刺激が加わると細胞の働きが活発になり、たくさんの熱が出来ます。たくさんの熱が出来るということは、多くの細胞が働いているためです。多くの細胞が活発に動いているのは、それぞれの細胞が正常に状態だからです。代謝が高まると元気な体に変わっていきます。

ポイント③ 味方?悪者?免疫は悪者退治⁉

体の中に入って来た菌やウィルスをやっつける働きが免疫です。主に白血球(特にリンパ球)が悪者退治をつとめます。

そのリンパ球を多くするために欠かせないのが体温を高めることなんです。適度な運動も必要ですが、基礎体温を高めることで安定してリンパ球を高めるようになります。リンパ球が増え正しく働けば、いつも元気な体を維持できます。

おすすめ こんな方はぜひ温熱ドームを!

①冷え症
②体質改善
③体調管理と維持
④風邪かなって感じた時
⑤新型コロナウィルスの予防
⑥婦人病(不妊・生理不順など)そのブログでは⑦アレルギー性疾患(花粉症など)
⑧術後の回復促進
⑨ガン予防

当院では特に①〜④で成果があり患者様から喜ばれています。
これからは⑤の新型コロナウィルスの予防に力を入れていきたいです。
⑥〜⑨に該当される方もきちんと対応いたします。
また、施術前に温熱ドームに入ると筋肉がほぐれやすく、治療効果が高まるのでオススメします。

多くの方に一度体験して効果を確認してもらえれば幸いです。不明点などあれば、メールでもお電話でも対応します。お気楽にご連絡下さい。

シェアするShare

ブログ一覧